禁煙うつって知っていますか?うつにならずに禁煙成功させよう!

禁煙すれば体にも良いし経済的にも良いということはきっと誰にでも分かることでしょう。メリットだらけかと思えば…禁煙でうつになってしまう場合もあるんです。せっかく健康になるんだからうつにならずに禁煙薬を使って成功させましょう。

*

禁煙薬として知られるチャンピックスの仕組みと成功率

チャンピックスは禁煙外来で処方される医薬品で、その他の禁煙薬とは異なり、ニコチンを使用していない飲み薬となっています。

たばこを吸いたい欲求が止められない理由

たばこを吸いたいという欲求はどんな仕組みになっているのか?

本来はたばこを吸うと、煙と共にニコチンも体内に吸収され、血液を伝ってわずか数秒で脳内に到達して、ニコチン受容体に結合することになります。ニコチン受容体はニコチンによって刺激を受けることで、神経伝達物質のドーパミンを放出しますが、この物質は快楽や幸福を感じるものとなっており、結果的にたばこを吸うことでリラックスできると感じるようになります。

ニコチンの結合できる時間は短く、30分から1時間程度で消失するため、すぐに正常な状態に戻りますが、リラックスできるという感覚を忘れられず、再びたばこを吸いたくなるような欲求が生まれます。
これを何度か繰り返すことで通常時とたばこを吸った時の落差が激しくなり、喫煙時は落ち着いているものの、ニコチンが切れるとイライラや不安といった感情が出やすくなり、喫煙を止められなくなります。この離脱症状によって禁煙ができず、やがてニコチン依存症へと発展するようになるのです。

チャンピックスの有効成分はバレニクリン

チャンピックスはバレニクリンを有効成分として、服用することで脳内にあるニコチン受容体に結合する働きを持っています。

チャンピックスを服用することで、成分であるバレニクリンがニコチンと同様にニコチン受容体に結合して、その後に吸収されたニコチンが受容体に結合するのを防ぎます。

また、バレニクリンには受容体に刺激を与える作用があるため、少量のドーパミンを放出させることで喫煙時に似たリラックス効果を発揮し、禁煙時のイライラといった離脱症状を減少させる働きもあります。受容体への結合半減期も長く、およそ24時間は効果が持続するため、チャンピックスを飲み続けることで、喫煙してもたばこを吸ったという満足感が無くなるという仕組みです。

チャンピックスの禁煙成功率は90%以上

チャンピックスを使用した禁煙治療はおよそ12週間で行われますが、特に何かをする必要はなく飲み続けるだけという方法です。

チャンピックスの特徴は、最初の1週間は禁煙する必要がないというもので、薬を飲みながら徐々に体に馴染ませる準備期間となっています。薬を飲むことによってたばこを吸ったとしても、ニコチンが受容体に結合できないため、喫煙の満足感が得られずにたばこを吸いたいという欲求が無くなってきます。

1週間後から禁煙を開始し、その後11週間で終了しますが、その時点での禁煙成功率は90%以上と非常に高く、若干の離脱症状に悩まされることはありますが、無理なく自然な禁煙ができることから多くの人が利用しています。しかし、終了する前にたばこを吸わなくなってきたと同時に、チャンピックスの服用も止めてしまう人がいます。途中で吸わなくなってしまったとしても、11週分が終了するまでは服用は続けることが大事です。

▼禁煙をサポートする飲み薬!禁煙を成功させて健康で幸せな将来を!
チャンピックス

公開日:
最終更新日:2016/07/13